高卒でIT系の仕事に就くには

IT系の仕事に就くときに、高校を卒業してすぐに働きたい人、もしくは家庭の事情などで高卒で働かなければいけない人もいるでしょう。
一般企業の場合は、大卒資格が必要な会社も多く、新卒で就職を狙う場合は高卒は非常に大きなハンデになることもあります。
しかし、IT系は何よりもその人が持つスキルや能力が重視される職場なので、学歴というハンデを自分の能力次第で十分カバーすることもできます。

当然高校しか出ていない人間は、大卒の人間と比較して4年間も人生の年数が違うので、その部分に関してはどうしてもハンデになってしまいます。
そこは4年間の人生経験だけではなく、4年間学習してきた期間が違うので、知識量や習得しているスキルにもよほどのことがない限り差がでてしまうでしょう。
なので、高卒で就職をした人は、その4年間の差を自分の努力で埋めなければいけないのです。

休日も自分で勉強をして新しい言語やソフトの使用法を覚えたり、趣味イコール仕事のように一心不乱に働かなければいけないかもしれません。
就職してしばらくは休日をエンジョイする暇もなく、非常に忙しい毎日になるでしょう。
それほど努力をしなければ4年間の差を埋めるのは難しいことです。
ただし、そこで努力を怠らずに働けば、自分が22歳や23歳になった時に、同年代の人間とは非常に大きな差が付いていることでしょう。
そうすれば同年代の人間より高い給与を得たり、良い待遇の会社に移ることも不可能ではありません。